初心者でも安心!上手な現金化業者の選び方

安全性の高いクレジットカード現金化の業者を見つける事は出来るのか初心者の人は気になると思います。
自分でホームページを検索して見つけられるか不安ですよね。
では、クレジットカード現金化の初心者の人達の為に、上手に良い業者を見つけられる方法を調べてみましょう。
【本当にホームページだけで理解が出来る?】
クレジットカードを使ってショッピング枠現金化をするという流れになるのですが、業者のほとんどはホームページを開設しています。
サイトを読めばだいたいの手順は分かるようになっていますが、もっとその業者の情報が欲しいと思いますよね。
そんな時は一体その業者はどれくらいの歴史があり、スタッフがいるのか?などを調べるにはホームページで会社概要をチェックしてみましょう。
そしてショッピング枠現金化については利用規約をきちんと読むと還元率や手数料などの事も書かれているので知識が得られるのです。
【オンラインでの業者はどうしても不安になる!】
普段パソコンやスマホに慣れていない人達はどうしてもインターネット上で何かを調べて利用するという事には抵抗があるようです。
なので、ショッピング枠現金化が必要だ!という場合でもオンラインでのやりとりには抵抗を持ってしまうのです。
では、このような場合はどうしたらいいのでしょうか?
オンラインでの業者では安全性が低い!と思ってしまうのであれば、ショッピング枠現金化が出来る店舗を探す事をおすすめします。
店舗でしたら、目の前でショッピング枠現金化のやりとりが出来ますし、口座への振り込みではなくすぐに現金を作る事が出来るので安心できます。
【自分で納得いくやり方でクレジットカード現金化をしよう!】
クレジットカード現金化の初心者の人はまずはホームページをじっくりと読み、会社概要や利用規約をきちんと読破しましょう。
また、オンラインでは不安!という場合は店舗でショッピング枠現金化をするのがよいと思います。

クレジットカード現金化の流れ

クレジットカードを作ったら、いよいよ次はクレジットカードの現金化、すなわちクレジットカード現金化の本丸がやってきます。といっても、やらなければいけないことは本当に少しだけ。本当に簡単に現金化が出来てしまいます。これは便利ですね。
■クレジットカードを手にしたら、ショッピング枠を確認しよう
ショッピング枠とは、そのクレジットカードで買い物をすることができる限度額です。仮にショッピング枠が50万円、かつ現時点で利用額がまだ0円の場合、50万円の買い物までをクレジットカードで行う事が出来ます。50万1円の買い物を行うことはできません。
ちなみに限度額は、ニーズに応じて上下することが出来ます。ちなみに限度額を上げるときは、新規のクレジットカード作成同様、信販会社の審査結果を待つ必要があります。
■業者の指示に従い、クレジットカードの利用可能額を使ってお買いものをしよう
クレジットカード現金化の業者に申し込みをすると、まずクレジットカード現金化の申し込みの手続きをして身分証明書の提示を行い、お金を振り込んでほしい自分の口座を指定します。その後、業者から指定された商品を選択し、クレジットカードを使って購入します。
一連の流れは全て業者の専門スタッフが親切丁寧に説明をしてくれます。それもあって、実際にやってみるととても簡単です。
短時間で済ませることができることを売りにしているサービスが多いため、そもそも難しいということがありません。
■以上でクレジットカード現金化の手続きは終わりです。やっぱり注意するのは口座番号。間違えると大変です。
以上で手続きは終わりです。一通り手続きを終えると、もう自分の口座に現金が振り込まれています。やっぱり気を付けるのは、自分の指定する口座番号を間違えずに記入するということ。わずか7ケタの口座番号ですので、間違えると他人の口座に振り込まれてしまいかねません。一度間違った口座番号に振り込まれてしまうと、それを取り戻すのには非常に甚大な手間が発生します。その口座番号の持ち主を特定し、持ち主にお願いをして振り込み直しをしていただく必要があります。持ち主によってはその手間を惜しんだり、そのまま受け取ってしまったりしたり連絡がつかなかったりと取り返せないこともありますので、口座番号の指定は良く気をつけましょう。店番号や銀行コードの指定間違いもよくあるので、よくチェックしましょうね。

クレジットカード現金化に関する裏ワザ

クレジットカード現金化はすぐに現金の必要な人にとっては非常にありがたいシステムということもあり、多くの人が利用しています。
ここでは、そんなクレジットカード現金化を行なう際に知っておきたい、また知っておいて損はない裏ワザの方法を紹介しましょう。
■家族にバレない裏ワザ
まず、家族にバレない方法です。
普通にクレジットカード現金化を行なうと、商品は家に届く上にカードの使用明細に履歴が残ってしまいますからすぐにバレてしまいます。
でも、家族に内緒で現金を手に入れたいという場合もありますよね。
そんな場合には、商品を運送業者の営業所止めにして自分で取りに行けばいいでしょう。
使用履歴については、急に大きい金額が記載されることで不審を抱かれることが多いので、業者に決済を複数のショップに分けてもらうかたちにすればOKです。
明細に記載されるのは現金化を行なう業者の運営するショップで、業者には複数のショップを営業していることもあるので、頼めば問題なくやってくれるはずです。
■自分で現金化する裏ワザ
さらなる裏ワザとして、業者を通さずに自分でクレジットカード現金化を行なうという方法があります。
確かに業者を使えば手間や時間が省けすぐに現金が手に入りますが、手数料を取られたり換金率によっては思ったほど手元にお金が振り込まれないということもあります。
自分で現金化すれば、高い換金率で現金を手に入れることが可能となる点は大きなメリットです。
たとえば、QUOカードや商品券、金券など換金率の高いものをクレジットカードで購入してそれを金券ショップに売るといった方法です。
品物にもよりますが、中には95パーセントといった換金率で売れるものもあるようです。
業者では80パーセント程度が相場ですから、かなり高い還元率となりますよね。
ただし最近自分でクレジットカード現金化を行なう人が増えたためにカード会社のチェックの目が厳しくなっているという現状がある点はお忘れなく。
場合によってはカードの利用停止といった処分を受けることもありますよ。

クレジットカードの作り方

クレジットカード現金化の仕組みは理解できたでしょうか。次に、クレジットカード現金化の流れのうち、カードの作り方を説明します。一度流れを理解してしまうと、なんだその程度のことかと驚いてしまうかもしれませんね。そう、とっても簡単なんです。
■まずはクレジットカードを作る
まず最初に必要なのは、自分名義のクレジットカードを作る事ですね。これがないと、即現金化することはできません。勿論、改めて作り直さなくても、すでに有効なクレジットカードを持っている方は、それを使うだけで全く問題ありません。ショッピング枠の残額が、必要な現金化額以上残っている必要があります。カードの種類はなんでもかまいません。有名どころのVISAかMASTERが付いていれば、ほぼ問題はないでしょう。
■どうやって作る?
クレジットカードの作り方にはいくつか方法があります。
1つ目は、お店で作る。大型の量販店などでは、クレジットカード作成の専用窓口があったりして、手続きも簡単に出来ます。詳しくは店員さんに聞いてみるのが一番手っ取り早いですね。
2つ目は、ネットから申し込むこと。例えば、「クレジットカード 現金化」で検索すると、クレジットカード現金化のサービス提供業者のほか、有名どころのカード会社のリンクも多く出てきたりします。自分にもっともふさわしい(利用しそうな)カードを選んで、ネットから申し込んでしまいます。
3つ目は、カード会社へ出向いて作成するというもの。大きな都市でないと中々時間や移動費などの観点で難しかったりしますので、都市部限定の対策ともいえます。カード作成を申し込む際、申し込んだ人向けにカードを作ってよいかどうか、カード信販会社が調査します。これを審査と呼びます。この審査基準は公表されていないため不明ですが、例えば過去に消費者金融への借入実績があったりすると不利と言われています。
ちなみに、学生のときは社会人に比べ、審査が軽めとも言われています。もうすぐ社会人になるという方は、今の学生のうちにクレジットカード現金化のためクレジットカードを作っておくことをオススメします。